大きくする 標準 小さくする

ブログ一覧

ブログ 2012/7

次へ>>

【プレスリリース】高校生対象「英語スピーチコンテスト」を11月17日に開催、応募受け付けます[聖学院プレスリリース]

投稿日時:2012/07/31(火) 15:14

聖学院大学で、
さいたま市教育委員会、埼玉県教育委員会、埼玉県の後援
高校生対象「英語スピーチコンテスト」を
11月17日に開催、応募受け付けます



 

聖学院大学(埼玉県上尾市、学長=阿久戸光晴)は、グローバル時代に求められる青少年の語学力育成を目的として、高校生対象の「英語スピーチコンテスト」を実施します。今年も11月17日(土)に本選を開催します。それに先立ち、出場者の募集を開始しました。http://www.seigakuin.jp/e_speech/

今年のテーマは「こころざし-Challenge-」とし、スピーチ部門、暗誦部門の2部門を設けました。暗誦部門の課題は、ヘレン・ケラーの自伝“The Story of My Life”です。

なお本コンテストは、今年より、さいたま市教育委員会、埼玉県教育委員会、埼玉県の後援をいただくことになり、暗誦部門にも「さいたま市長賞」を設けました。

※参考:昨年はスピーチ部門27名(20校)、暗誦部門76名(50校)の応募がありました。

201207311527_1.jpg
(↑ クリックすると拡大されます)


 8回「英語スピーチコンテスト」 http://www.seigakuin.jp/e_speech/
日 時 2012年11月17日(土)13:30~17:00
場 所 聖学院大学チャペル(埼玉県上尾市戸崎1番1号)
テーマ「こころざし-Challenge-
主催 聖学院大学         
実施・運営 人文学部欧米文化学科

後援 さいたま市教育委員会 埼玉県教育委員会 埼玉県
 
募集概要(応募資格:高等学校在校生)
◇スピーチ部門  英語によるスピーチ:タイトルはテーマに基づき自由設定
◇暗誦部門    暗誦:課題“The Story of My Life”(奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝より)

9月28日(金)までに、聖学院大学英語スピーチコンテスト係宛に下記の書類を郵送。
[書類](1)スピーチコンテスト申込書(所定様式)
    (2)スピーチ原稿(スピーチ部門応募の場合)
    (3)録音したCD-R、またはカセットテープ(1部)
                         (詳細は、HPを参照)

予選  スピーチ部門は、スピーチ原稿および録音されたスピーチ、暗誦部門は録音された音源について審査し、予選を通過した者が本選に出場できます。予選結果は10月末日に発表。

本選概要
11月17日に聖学院大学で開催するスピーチコンテストで、予選通過者を審査、表彰します。
<スピーチ部門>(1)学長賞 1名 賞状、奨学金(10万円)、(2)優秀賞 1名 賞状、奨学金(5万円)、(3)奨励賞 6名 賞状、記念品。
<暗誦部門>(1)さいたま市長賞 1名 賞状、奨学金(5万円)、(2)優秀賞 1名 賞状、奨学金(2万円)、(3)奨励賞 4名 賞状、記念品。



>>人文学部欧米文化学科ホームページは こちら


▽取材のお申し込み、お問い合わせは下記へお願いします。
  聖学院大学 広報局広報戦略室 担当:栗原
  電話(ダイヤルイン) 048-780-1707   FAX   048-725-6891
  e-mail   pr@seig.ac.jp  ホームページ  http://www.seigakuin.jp


 

7/31付朝日新聞「耕論」に阿久戸学長の意見が掲載されました[聖学院 On-line Information]

投稿日時:2012/07/31(火) 14:18

文部科学省の中央教育審議会が「大学は学生の学習時間の実質的な増加・確保を―。」といった趣旨を盛り込んだ答申を近く出すそうです。


これを受けて、 本日7/31の朝日新聞のオピニオン耕論では、変わるか大学生の学習時間というテーマで、文科省中央教育審議会 大学分科会の安西祐一郎会長NPO「カタリバ」の今村久美代表理事、そして本学の阿久戸光晴学長の意見が掲載されました。


安西祐一郎氏「受け身改めぬと学生が損」、今村久美氏「数値化できぬ学びもある」 といった内容で語る一方で、

阿久戸光晴学長「本末転倒、時間ではなく質」として、
 

「教育現場にいる立場からすると、手段と結果が逆転した本末転倒の議論だと思います。
本来、教員が本当に魅力ある授業づくりに努めれば、学生は自ら授業に備え、授業後も関連した本を読むなど復習もしようとするはずです。」


「大切なことは時間の量ではなく、勉強の質です。」

と述べています。



>>詳細は、こちら(朝日新聞サイト)

>>学長メッセージは、こちら

【プレスリリース】聖学院大学初代学長で名誉学長の金井信一郎氏が逝去いたしました[聖学院プレスリリース]

投稿日時:2012/07/26(木) 17:25

聖学院大学初代学長で名誉学長の
金井信一郎氏が逝去いたしました


金井信一郎(かない・しんいちろう=聖学院大学初代学長・名誉学長)が、2012年7月25日午前、病気治療中のところ心不全のため、逝去いたしました。95歳。前夜式は29日午後6時から、葬儀は30日午後1時から、東京都豊島区池袋4の2の10の日本基督教団 池袋西教会。喪主は妻、淑子(はるこ)さん。自宅は、非公表。
 

※ 御香典・お花料は固くご辞退致しますので、ご了承下さい。なお、供花は下記までお願い致します。( 栄光式典社 tel:03-3370-4902 fax:03-3379-3835 )


■金井信一郎プロフィール
1917年(大正6年)7月2日、山梨県生まれ。1941年(昭和16年)東北帝国大学法文学部経済学科卒業。一時南満州鉄道株式会社に勤めた後、明治学院大学及び明治学院専門学校において教鞭をとる。1954年(昭和29年)米国Wisconsin大学大学院経済学研究科修了。1955年(昭和30年)同大学よりM.A.を受ける。
明治学院大学の第五代学長を経て、1984年(昭和59年)学校法人聖学院常任理事に就任、1988年(昭和63年)4月聖学院大学初代学長に就任。1994年3月まで同法人理事および同大学学長をつとめ、同年4月、同大学名誉学長の称号を授与される。専門は社会政策学。その他、社会政策学会代表幹事(会長)や日本私学振興財団常務理事、東京都労働審議会会長を歴任。
著書に『諸君は孫弟子』(聖学院ゼネラルサービス)、『社会改革への道五十年』(聖学院大学出版会)、他著書・論文多数。



●聖学院大学(学長:阿久戸光晴 住所:埼玉県上尾市戸崎1番1号)
1988年設立。大学は3学部7学科(政治経済/コミュニティ政策/欧米文化/日本文化/児童/こども心理/人間福祉)のほか、大学院、総合研究所を有する。


▽取材のお申し込み、お問い合わせは下記へお願いします。
聖学院大学 広報戦略室 担当:栗原
電話(ダイヤルイン) 048-780-1707   FAX   048-725-6891
e-mail   pr@seig.ac.jp  ホームページ  http://www.seigakuin.jp



 

7/25欧米文化学科卒業生による講演会「夢を実現する」[聖学院 On-line Information]

投稿日時:2012/07/25(水) 16:06

7月25日(水)、アセンブリーアワーの時間に欧米文化学科卒業生で、現在は中学校の英語科教員として、教壇に立つ越洋一郎さんにお越しいただき、教員になるまでの「夢の実現」の過程について講演していただきました。
学生、教職員約50人が参加し、越さんの話に耳を傾けました。



          201207251634_1.jpg
              在学生の前で講演を行う卒業生の越洋一郎さん


講演会では、恩師との出会いや聖学院大学での学生時代、中学生との距離を縮めるための工夫などが話されました。
なかでも、就職活動のエピソードでは、様々な企業を回ったが納得がいかず、昔からの夢であった教員を目指したという話が語られました。

なぜ英語科の教員を目指そうと思ったのか、という学生からの質問では、これからどのように社会が動いていくかということを見通して考えた時に英語が必要になってくると考えた、というお話がされました。また、中学時代は越さん自身が英語が苦手だったという体験から、自分ができなかったものを教えたいという思いから英語科教員を目指したと語られました。

中学校の生徒とのコミュニケーションについては、あえてこちらも子どもになることで距離が縮まると説明。宿泊行事での生徒のユニークな朝の起こし方など、生徒とのやりとりも紹介され、会場から笑いが起こる場面もありました。

越さんは、人生は一本、だからこそ何でも全力投球していくことが大切だと話され、「夢は自分で掴み取るもの」と締めくくりました。


<参考>
欧米文化学科ホームページは こちら から






 

7/24NHK「おはよう日本」にて、秋入学に取り組んでいる聖学院大学の様子が放送されました[聖学院 On-line Information]

投稿日時:2012/07/24(火) 09:48

7月24日(火)、NHK「おはよう日本」(4:30~8:00)「秋入学『内容知っている』3割」という調査結果のニュース内にて「秋入学を行っている聖学院大学の説明会」として、聖学院大学のオープンキャンパスの様子が放送されました。(放送時間は5時11分~5時12分)

          

           聖学院大学のオープンキャンパスの様子が放送されました

ニュースでは、民間の研究所が行った調査結果を紹介、秋入学について内容を知っていると答えた高校生が3割にとどまったことを伝えました。また、調査を行ったリクルート進学総研の小林浩所長による、秋入学の際にできるギャップタームの使い方についてのコメントが紹介されました。


下記サイトより、放送されたニュースが動画でご覧いただけます。

■NHK NEWS WEB 秋入学「内容知っている」3割
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120724/k10013800121000.html



調査を行ったリクルートによる詳しい調査結果が下記よりご覧いただけます。

■高校生の4人に3人が秋入学を認知。 うち、4割弱が導入に賛成。
 進路選択とグローバル化―「高校生価値意識調査 2012」より

http://www.recruit.jp/news_data/old/2012/06/20120628_12721/



▼放送された内容が、NHK生活情報ブログに掲載されました。(8/9追記)
>>「秋入学、知ってますか?」







 

次へ>>

<< 2012年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

2012年7月

<<前月翌月>>
2012/07/31(火) 15:14
【プレスリリース】高校生対象「英語スピーチコンテスト」を11月17日に開催、応募受け付けます
2012/07/31(火) 14:18
7/31付朝日新聞「耕論」に阿久戸学長の意見が掲載されました
2012/07/26(木) 17:25
【プレスリリース】聖学院大学初代学長で名誉学長の金井信一郎氏が逝去いたしました
2012/07/25(水) 16:06
7/25欧米文化学科卒業生による講演会「夢を実現する」
2012/07/24(火) 09:48
7/24NHK「おはよう日本」にて、秋入学に取り組んでいる聖学院大学の様子が放送されました
2012/07/20(金) 13:45
7/18人間福祉学科キャリアガイダンス―企業・福祉で活躍する先輩を招いて【報告】
2012/07/17(火) 15:20
「夏のボランティア体験プログラム」のご案内~ボランティア活動支援センター
2012/07/17(火) 14:56
「聖学院大学ボランティア活動支援センター」オープン!!
2012/07/12(木) 11:22
【プレスリリース】1日かけてじっくり「学ぶ楽しさ」を体験、高校生のためのサマースクール開講
2012/07/11(水) 15:07
清水勇人さいたま市長がコミュニティ政策学科の学生と懇談
2012/07/07(土) 12:09
【プレスリリース】7/11政治経済学部主催「食と農のフォーラム2012」を開催
2012/07/04(水) 18:13
2012/07/04人間福祉学科 北欧福祉研修報告会
2012/07/04(水) 13:54
【報告】政経7/4AH「新・ストレス時代を生き抜く“智恵”と“勇気”を持とう」
2012/07/02(月) 10:47
朝日新聞(マイタウン埼玉)6/30で、聖学院大学が紹介されました

ブログ最新記事

聖学院 On-line Information 6/12 オズバーン先生(欧米文化学科教授)による英語の絵本読み聞かせ  2014/06/16(月) 19:34
聖学院 On-line Information 第93回関東学生陸上競技対校選手権大会 姜尚中学長に準優勝報告  2014/06/05(木) 19:11
聖学院プレスリリース 聖学院大学で、1日かけてじっくり「学ぶ楽しさ」を体験する、高校生のためのサマースクールを開講します  2014/06/03(火) 14:10
聖学院 On-line Information 第93回関東学生陸上競技対校選手権大会(第2週結果報告)【2】  2014/05/31(土) 17:00
聖学院 On-line Information 第93回関東学生陸上競技対校選手権大会(第2週結果報告)【1】  2014/05/31(土) 16:41
聖学院 On-line Information 2014/5/28 陣内大蔵さんのコンサートをチャペルで開催しました。  2014/05/29(木) 11:13
聖学院 On-line Information 2014/5/21 春のキリスト教週間 清水正之先生講演「愛より以前-関係性の倫理学」  2014/05/23(金) 17:02
聖学院プレスリリース 【プレスリリース】聖学院大学で、6月4日、太鼓奏者・ヒダノ修一氏の公演会「ヒダノ修一の世界」を開催します  2014/05/22(木) 11:17
聖学院プレスリリース 【プレスリリース】聖学院大学で「第11回ほたる祭り」2014を開催します  2014/05/21(水) 16:11
聖学院 On-line Information 第93回関東学生陸上競技対校選手権大会(結果報告)【2】  2014/05/21(水) 14:23
聖学院 On-line Information 第93回関東学生陸上競技対校選手権大会(結果報告)【1】  2014/05/21(水) 14:18
聖学院 On-line Information 2014/5/7 阿久戸光晴先生による講演会「3.11と現在 あのとき思ったこと・今できること」が行われました  2014/05/09(金) 14:57
聖学院プレスリリース 聖学院大学は、春日部市と 包括的連携協定を締結しました  2014/04/22(火) 17:34
聖学院プレスリリース 【プレスリリース】聖学院大学は、大宮にサテライト講座『姜々諤々・聖学講座』を開設します ― 姜尚中学長と学内外の講師が「これからの日本」を対談します  2014/04/21(月) 11:11
聖学院プレスリリース 【プレスリリース】聖学院大学学生らが釜石市の復興支援を継続~今年は、釜石市長も桜の株分け作業に参加(桜プロジェクト3)  2014/04/14(月) 13:39
聖学院プレスリリース 【プレスリリース】聖学院大学は、春日部市と包括的連携協定を締結します  2014/04/14(月) 13:32
聖学院プレスリリース 【プレスリリース】聖学院大学で、「小学校英語指導者養成講座」を今年も開講します  2014/04/03(木) 13:23
聖学院 On-line Information 読売新聞(2014/3/14)にて冊子『子どもの心にそっと寄り添う』第3集が紹介されました  2014/03/14(金) 16:43
聖学院プレスリリース 【プレスリリース】2014/3/15 聖学院大学・大学院で卒業式を行います。荒川区長・西川太一郎さん(71歳)が博士(学術)の学位を授与されます  2014/03/12(水) 11:24
聖学院 On-line Information 「震災から3年」姜尚中全学教授の思いが東京新聞、毎日新聞に掲載されました  2014/03/11(火) 13:24