大きくする 標準 小さくする

聖学院 On-line Information 2010/10

<<前へ

10/27創立記念講演会 片柳榮一先生「大人であること、子供であること」報告

[聖学院大学] 投稿日時:2010/10/29(金) 16:01

創立記念講演会 片柳榮一先生「大人であること、子供であること」

10月27日(水)、チャペルにて聖学院大学創立記念講演会が行われました。
聖学院大学大学院教授 片柳榮一先生をお招きし、「大人であること、子供であること」と題して行われたこの講演会には、政治経済学科、コミュ二ティ政策学科、日本文化学科の学生が参加しました。
 

    
       聖学院大学大学院教授 片柳榮一先生

片柳先生は、自己責任や成人性といったキーワードを用いながら、大人と子供について語られました。
大人とは自身が物事を選択したときに、その選択について責任を持つことができる人であり、けしてその選択を勧めた人や他者に責任を転嫁させるものではありません。こういった自己責任を負えることが、大人であることの一つの条件であると片柳先生は話されました。


また、ドイツの神学者ボンヘッファーが求める「世界の成人性」にも言及しました。
“苦しいときの神頼み”というものは世界が子供である証拠であり、「神の前で、神と共に、我々は神なしに生きるのである」というボンヘッファーの言葉を引用し、「世界の成人性」の重要性を示唆しました。


しかしながら、常に新しいものに晒されるこの世界の中で、子供のように新しい物事を吸収し続ける者であることも大切であると語られました。
片柳先生は、責任を問われる大人であること、神の前では真摯な子供であること、この両方を併せ持つことが望ましい形であるとして、この講演を終えられました。

2010/11/17 コミュ二ティ政策学科講演会「憲法と資本主義の現在」

[聖学院大学(コミュニティ政策学科)] 投稿日時:2010/10/29(金) 13:25

11月17日(水)にコミュニティ政策学科設立10周年記念講演会を行います。


(※クリックすると大きくなります)

コミュニティ政策学科設立10周年記念講演会
「憲法と資本主義の現在」~「百年に一度の危機」のなかで考える~

 

講演者:杉原 泰雄(一橋大学名誉教授)
コーディネーター:阿久戸 光晴(聖学院大学学長)
日時:11月17日(水) 11:00~12:30(アセンブリーアワー)
会場:聖学院大学チャペル
参加無料
 

講演概要:
私たちは、長期にわたる経済不況と財政破綻の状況下で企業倒産や未曾有
の就職難、またそれに伴う生活の破綻や自死者の増大など人間存在の危機
ともいうべき、「百年に一度の危機」の中にいる。何がその要因なのか。
日本国憲法は、今回のように資本主義体制がしばしば国民の多数を塗炭の
苦しみに追い込んできた状況から守る原理・制度を本来持つ現代資本主義
憲法である。今や、このことを再確認して、「危機」への適格な対応策をともに
考える時である。
市場原理主義の世界化と軍拡を抑止し、「平和国家」と「社会国家」(福祉国家)
の具体化をはかることが何よりも大事なことと思う。そのためには、中央政府の
民主化と地方自治の強化が不可欠となる。危機のときにこそ大学とその学問の
存在理由が問われている。

 

講演者:
杉原 泰雄(一橋大学名誉教授)
一橋大学名誉教授。1930年生。一橋大法学研究科博士課程修了(法学博
士)。同法学部専任講師、助教授、教授を経て法学部長。この間、東京大学
等でも教鞭。駿河台大学名誉教授。全国憲法研究会元代表。主著に『国民
主権の研究』(岩波書店)『人民主権の史的展開』(岩波書店)、『国民主権の
史的展開』(岩波書店)、『平和憲法』(岩波書店)、『憲法と国家論』(有斐閣)、
『地方自治の憲法論』(勁草書房)、『憲法と資本主義』(勁草書房)、憲法と
資本主義の現在』(勁草書房)。
 


【お問合せ先】 企画総務課
事前申込は不要です。

TEL. 048-781-0925
FAX 048-726-2962
 

コミュ二ティ政策学科ホームページは こちら から
 

2010/11/10 政治経済学科講演会「安楽死を問う」

[聖学院大学(政治経済学科)] 投稿日時:2010/10/29(金) 11:55

政治経済学科では秋の講演会2010として、11月10日(水)に講演会を行います。



(※クリックすると大きくなります)

政治経済学科 秋の講演会2010
「安楽死を問う―現代の日本で生きるために」


講演者: 三井 美奈 (読売新聞社 国際部デスク)
コーディネーター: 松尾秀哉(聖学院大学 政治経済学科准教授)
日時: 2010年11月10日(水)  11:00~12:30(アセンブリーアワー)
会場: 聖学院大学チャペル
参加無料

講演概要: 
高齢者の孤独死、残虐な殺人事件が相次ぐ日本。今、改めて私たちは「生きる」ことに
確信をもたねばなりません。時を同じくして、医療の世界では臓器移植法案が改正され、
臓器移植が頻繁におこなわれるようになりました。「生命」をめぐる状況は大きく変化して
います。今回、「安楽死」を合法化したオランダで長く取材を続けられた三井美奈先生を
講師にお迎えして、ヨーロッパの状況を報告していただきます。それを通じて、日本の
生命倫理をめぐる議論を検証してみたいと思います。奮ってご参加ください。

講演者:
三井 美奈 (読売新聞社 国際部デスク)
1967年奈良県生まれ。1989年一橋大学社会学部卒業、読売新聞
社入社。社会部、国際部、ブリュッセル支局特派員、エルサレム支局
長、ハーバード大学日米関係プログラム客員研究員を経て、国際部へ。
著書に『安楽死のできる国』『イスラエル ユダヤパワーの源泉』(いず
れも新潮新書)。

著書 『安楽死のできる国』 詳細は こちら から


【お問合せ先】 企画総務課
事前申込は不要です。

TEL. 048-781-0925
FAX 048-726-2962

政治経済学科ホームページは こちら から



せいじ 

 






 







日経ネットマーケティング2010年11月号で聖学院大学が紹介されました

[聖学院大学] 投稿日時:2010/10/28(木) 17:43

2010年11月号の日経ネットマーケティング
『“面倒見がいい”をネットで積極PR高校教師の支持得て定員割れ回避』
というタイトルで、聖学院大学の紹介が掲載されました。




歴史の浅い小規模大学ながら、「面倒見のよい大学」というキャッチフレーズを掲げて注目を集める聖学院大学。オープンキャンパスでの入試書類・面接対策や、入学前準備教育の徹底ぶりをWebサイトで積極的に公開している。過保護とは異なる「自力で伸びる教育」の真意が伝わり、高校の進路指導員などが高く評価するようになった。


聖学院大学のwebサイトとして、以下のようなサイトが紹介されています。

オープンキャンパスブログ


メールマガジン



twitter



YouTube


ケータイ小説(風のバトン)


入学前準備教育

また、そのほか携帯サイトが紹介されています。

10/27 人間福祉学科・欧米文化学科AH「ドイツ国際平和村の子どもたち」報告

[聖学院大学] 投稿日時:2010/10/28(木) 11:23

「ドイツ国際平和村の子どもたち」


講演者:鈴木 香奈子氏


10月27日人間福祉学科・欧米文化学科対象のアセンブリアワーでは、ドイツ国際平和村で研修生として働いていた鈴木香奈子さんに、ドイツ国際平和村での活動についてや現場ならではの体験談などをお話いただきました。




ドイツ国際平和村はドイツのNGO(特定非営利活動団体)です。戦争や紛争で傷ついた子どもたち、病気の子どもたちの治療をヨーロッパで行うこと、紛争地域・危機的状況にある地域での援助活動を行い、現地での医療状況の改善を目指すことをその活動としています。


鈴木さんは、大学で国際関係学を学ばれ、在学中にドイツに交換留学をし、ドイツ国際平和村の存在を知ったとのこと。帰国し大学卒業後にはすぐに平和村へ研修生として向かわれたそうです。

講演では映像資料を交えながら、戦争や紛争で傷ついた子供たちの治療やリハビリ、また子どもたちの日常生活のお世話について等具体的に話されました。
 

鈴木さんは研修生としての活動を通して、平和村にすら来ることのできない子どもたちがいることを認識させられた、地方などには平和村という存在が知られてなかったりするので、本当に助けが必要な人を助けられているのだろうか、という葛藤があると語られました。
 

最後に学生たちへ「自分で何か行動をおこすこと、そして今を大事にしてほしい。人との出会いを大切にしてほしい。それが平和村の子どもたちとの出会いと別れを通して強く感じたことです。」とメッセージをいただきました。




この講演会の学生たちからの感想は こちら から

 

«前へ

<< 2010年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2010年10月

<<前月翌月>>
2010/10/29(金) 16:01
10/27創立記念講演会 片柳榮一先生「大人であること、子供であること」報告
2010/10/29(金) 13:25
2010/11/17 コミュ二ティ政策学科講演会「憲法と資本主義の現在」
2010/10/29(金) 11:55
2010/11/10 政治経済学科講演会「安楽死を問う」
2010/10/28(木) 17:43
日経ネットマーケティング2010年11月号で聖学院大学が紹介されました
2010/10/28(木) 11:23
10/27 人間福祉学科・欧米文化学科AH「ドイツ国際平和村の子どもたち」報告
2010/10/27(水) 15:43
10/16 第6回ピア・スーパービジョン 参考
2010/10/27(水) 15:18
2010/10/16 第6回ピア・スーパービジョン報告
2010/10/26(火) 15:24
2010/11/17(水)人間福祉学部AH講演会のお知らせ
2010/10/25(月) 14:08
大木英夫理事長がキリスト教功労者として顕彰されました
2010/10/20(水) 17:42
2010/10/20 創立記念講演会 姜尚中先生「生きる意味と教養」報告
2010/10/14(木) 14:45
2010/10/13 欧米文化学科AHでハロウィーン・ランタンを作りました
2010/10/14(木) 13:42
2010/10/13児童学科AH「人形劇公演会」(報告)
2010/10/14(木) 10:59
週刊東洋経済(2010/10/16)「特集」の中で聖学院大学が掲載されました
2010/10/14(木) 09:50
2010/11/23国際シンポジウム「現代社会におけるポスト合理性の問題」
2010/10/13(水) 14:27
書籍「神のみくらに玉と輝け 愛と祈りの教育者中川咲子の物語」
2010/10/12(火) 11:36
就業力GP紹介第1弾 :来年度からコミュニティ政策学科はインターンシップ全員必修
2010/10/07(木) 17:16
2010/10/06 児童学科「障害者施設に学ぶ」
2010/10/06(水) 15:11
2010/10/6 政治経済学科「環境スクール2010」体験報告
2010/10/04(月) 15:31
2010/10/2 第65回国民体育大会陸上競技(結果報告)
2010/10/02(土) 15:40
文科省「大学生の就業力育成支援事業」に本学が採択されました!
2010/10/01(金) 10:20
2010年度 第21回関東学生新人陸上競技選手権大会(結果報告)

取材等のお問合せは

▼広報課までお問合せください
E-mail: pr@seig.ac.jp
TEL: 048-725-6191/FAX: 048-725-6891
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1
>>地図

>>2008年以前のプレスリリース情報はコチラ