大きくする 標準 小さくする

聖学院 On-line Information 2013/10

<<前へ

「児童訪問ボランティア派遣in 岩手県田野畑村・野田村」第7回報告

[聖学院大学(こども心理学科)] 投稿日時:2013/10/28(月) 14:56

「児童訪問ボランティア派遣in 岩手県田野畑村・野田村」第7回報告
 
 日 時 2013年2月7日(木)~9日(土)
訪問先 1.田野畑村立若桐保育園(8日)
      2.田野畑村立たのはた児童館(8日)
参加者 Y.Y(こども心理学科1年)、R.A(児童学科4年)、H.S(児童学科4年)、M.S(こども心理学科1年)、島村宣生(NPO/担当理事) 以上5名
 
【実施内容~プログラム~(50分)】
登場  トレール
自己紹介  なまえ当てゲーム
手遊び 「小さな畑・大きな畑」
劇   「おおきなかぶ」
わらべ歌 「なべなべそこぬけ」「あぶくたった」
だっこ  「ま・た・ね」
サプライズ  「ありがとう・さよなら」

201310281507_1.jpg
 
 







【感想】(抜粋)
◇「第7回訪問活動に参加して」・・・・・Y.Y(こども心理学科1年)
*6回目の参加
(若桐保育園)
 「おおきなかぶ」では、こどもの方からこちらが用意していたストーリー展開をしてくれたので、こどもたちに物語に入ってきてもらうという目的の一つは達成することができた。
 最後まで笑顔だったのがとても印象的だったが、「ありがとう さようなら」を歌ったときにこどもたちとの間の空気が変わり、“別れ”ということをしっかり認識してくれたのではないかと感じた。
 
(たのはた児童館)
 わらべ歌は考えていた以上に大掛かりなものになった。もっと広い場所でやってみたいという気持ちになった。
 
 メンバーが全員経験者だったので、事前の準備もこれまで以上に協力して行うことができたと思う。ところが全て終わった時、自分の課題と反省しなければならないところが一番多かった。これまではその場でせいいっぱいで、後から「あそこはこうすればよかった」という反省などが出てきていたのだが、今回はやっている間にほかのことを考える余裕ができたように思う。
 次回は事前にもっと準備したうえで、自分の力量を見極め、その場で臨機応変に対応することを意識したい。
 
 
◇「三度目の岩手」・・・・・R.A(児童学科4年)
*3回目の参加
 『おおきなかぶ』の“おじいさん”を演じた。パネルシアターなどの“人形を通して演じる”のではなく、“自分自身で演じる”といったことをあまりしてきていなかった私にとって、とても大切な経験になった。
 
(若桐保育園)
かぶを抜く作業を子どもたちに頼む前に、子どもたちの方から“僕がやるよ”と協力してきたことも、嬉しいことの一つであった。
『あぶくたった』の場面では私の膝に乗ってくる子どもがいたことに、私は驚いた。毎回プログラムで最後に行っている『またね』の場面以外で、子どもの方から来てくれることは初めてであり、嬉しかったのをよく覚えている。
 
(たのはた児童館)
 自己紹介をクイズ形式で行った。たのはた児童館に行くのは3回目であったが、毎回短い時間しかかかわっていないので、名前までは覚えていないだろうと思っていた。しかし、そのような考えを吹き飛ばしてくれる子どもたちの力があった。名前を呼ぶことの大切さを実感した。
 4月から教師となり、今以上にたくさんの子どもと関わっていく中で、出来るだけ早く名前を覚えていかなければいけないと、痛感した場面でもある。
 
 今回の訪問を通して、この取り組みを子どもたちが楽しみにしていることを、今更ながら感じることができた。
 3度目の訪問にして、やっと、子どもたちとお互いにコミュニケーションを取りながら楽しむことができるようになった。続けてきて、本当によかった。自分たちの行ってきた取り組みが、子どもたちの笑顔に少しでも変わっていたならば、それはとても幸せなことだと思う。


201310281507_2.jpg
 
 








◇「はじめての冬の東北ボランティア」・・・・・H.S(児童学科4年)
*4回目の参加
 今回の企画は衣装集めに苦労しました。話し合いでは白いパーカーの中に新聞紙などを入れ頭に緑色のスズランテープをつけてカブに見せるというやり方で準備をしていました。そのことを先生に相談したら、「東北の子どもたちはプロの劇などをよく見ているんだよ。中途半端なものはできないぞ」と言われ、もう一度衣装を考え直すことにしました。
 園によって返ってくる反応が全然違いその園の特徴があるんだなと心底感じました。
 このボランティア活動を始めて自分が知らなかった自分が見れてとても面白かったです。そして数人でこのような企画を作るということを通じて成長できたと感じることができました。この経験はこの先、どんな職業や場所に就職しても活かしていけると思います。


201310281507_3.jpg



>>「第1回」報告は こちら

>>「第2回」報告は こちら

>>「第3回」報告は こちら

>>「第4回」報告は こちら

>>「第5回」報告は こちら

>>「第6回」報告は こちら

>>「第8回」報告は こちら

>>「第9回」報告は こちら


>>児童学科ホームページは こちら
>>こども心理学科ホームページは こちら

 

【講演会】2013/11/06 政治経済学部主催講演会「税の役割と税務署の仕事」

[聖学院大学(政治経済学科)] 投稿日時:2013/10/24(木) 15:45

そもそも税金って何のためにあるの?
税金はどうやって払うの?
税務署って何をするところ?
素朴な疑問に税務署長さんが答えます!



聖学院大学政治経済学部主催アセンブリーアワー講演会
「税の役割と税務署の仕事」




日 時: 2013年11月6日(水)  11時~12時30分
場 所: 聖学院大学ヴェリタス館1階 教授会室
対 象: 大学生と一般の方

講 師: 上尾税務署長 塩原義文先生

お問い合わせ先: 
聖学院大学総務課  048-781-0925




>>政治経済学科HPは こちら

>>コミュニティ政策学科HPは こちら
 

「児童訪問ボランティア派遣in 岩手県田野畑村・野田村」第8回報告

[聖学院大学(こども心理学科)] 投稿日時:2013/10/24(木) 14:07

「児童訪問ボランティア派遣in 岩手県田野畑村・野田村」第8回報告
 
日 時 2013年7月17日(水)~20日(土)
訪問先 1.野田保育所(18日・初回)
     2.日向保育所(18日・下見)
     3.田野畑村立若桐保育園(19日) 
     4.田野畑村立たのはた児童館(19日)
参加者 M.S(こども心理学科2年)、T.H(こども心理学科2年)、T.K(こども心理学科2年)、Y.Y(こども心理学科2年)、島村宣生(NPO/担当理事) 以上5名
 
【実施内容~プログラム~(50分)】
登場  トレール
自己紹介  なまえ当てゲーム
パネルシアター 「さみしがりやの蛍」
遊び  「むしをとりにいこうよ」「むしとりオニ」
だっこ 「ま・た・ね」


 
 
【感想】(抜粋)
◇「4回目の児童訪問活動に参加して」・・・・・M.S(こども心理学科2年)
 *4回目の参加
(野田保育所)
 パネルシアターで、花火のシーンやホタルが増えていくシーンは子どもたちが喜んでくれていたということを先生から聞くことができて、よかったと思う。
遊びの時、人数が多いというところからこども達の待ち時間が多くなってしまったことに指摘をいただいた。手をつないで走るというところでは真ん中の人が転んでしまう可能性も考えられたことなど、人数のこと、安全面でのことも配慮して考えるべきだったと思った。
 
(田野畑児童館)
 おにごっこの時に、捕まえると泣き出してしまう子がこの園には多かったように思える。先生側では負けん気が強いということを言っていたが、私自身の心の中では少しモヤモヤが残った。
 
 今回のパネルシアターは全体的にはよかったのだが、個人的には絵をもっと見せる時間が長かったらよかったなど、打ち合わせや練習の時に感じることが出来ていたらよかったなど何点か思う部分があった。
 
 
◇「初めての児童訪問活動を終えて」・・・・・T.H(こども心理学科2年)
*初参加
 初めて参加して自分の良さも悪さも気づくことができました。
 
(野田保育園)
 教会のような内装になっていて完全に真っ暗にはできなかったのがパネルシアターでは、残念な点の1つでした。先生たちが市の職員という事もあり、少し保育園にはない距離感のようなものを感じました。
 ゲームになった瞬間のこども達の喜んだ顔は今でもしっかり覚えています。見ているだけでもとても幸せな空間でした。無邪気さと明るさがすごく自分たちに元気をくれた瞬間でした。
 最後の「ま・た・ね!」。抱きかかえると、とても笑顔になってくれたので全然疲れなど感じませんでした。
 
(若桐保育園)
 司会・進行を担当。こども達をどうやって楽しませてあげられるかそんなことばかり考えている自分がいました。進行を通して、他の学生のみんなの動きを見ることができて良い事もありました。
 
(田野畑児童館)
 こんな自分でも活かせる事はまだまだあるのかなというチャレンジ精神が生まれました。シャイな子が多いと聞いていたので少し心配していましたが、話すのが好きなこどもが多い事に気が付きました。
 
 このボランティアを通してたくさんの自分を発見できた気がします。これからのボランティア活動の中でチャレンジ精神を大事にしていきたい。楽しさ・悲しさ両方を分かってあげられる学生になりたいと思います。
 
 
◇「岩手ボランティアから得ること」・・・・・T.K(こども心理学科2年)
*初参加
 正直、まだまだ復興が行き届いておらず、回復しているとは感じられませんでした。でも、これでも前回来たときよりは、復興が進んでいると聞いて驚きました。
 
 初めてということで前日までとても焦っていました。でも前日のリハーサルと本番になってからは、自分の硬さもとれ、まだまだこどもと遊ぶという機会がない自分にとっては、新鮮で、むしろこちらの方が、元気をもらえたんじゃないかというくらいに笑顔に溢れていた空間だったし、行ってよかったなと感じる瞬間でもありました。
 次の目標としては、全体の司会、進行が務まるまでにはいかないかもしれませんが、少しでも早く自分の力でモチベーションをあげ、緊張を力に変えられるくらいの自信を持てるように努力していきたいと思いました。
 
 
◇「7回目の児童訪問ボランティア」・・・・・Y.Y(こども心理学科2年)
*7回目の参加
(野田保育所)
 走る系の遊ぶは、ケガをしないように様々な工夫をしているつもりだったが、何度かひやっとする場面も見られた。そこがどのくらいの人数でどのくらいの広さを使えるかわかららない場合もあるので、今後どの園に行っても可能なプログラムにするためには別の楽しい遊びを用意する必要がある。
 特に印象に残ったことは先生方の場馴れした行動だった。
 
(若桐保育園)
 こどもたちは飽きることなく集中してみてくれているように見受けられたので、次回はもう少し長いお話にしても大丈夫かもしれない。
 
(田野畑児童館)
 パネルシアターはいつも通り素晴らしい集中力。先生に話を聞いたところ、今回の2倍の時間であっても大丈夫だとうということだった。そしてこの園もまた、他の園と同様のシーンに反応してくれた。
 今回は、これまでになかった「こんなことをしてほしい」という新たな注文がいただけたのは一歩前進できたことだと思う。

 


>>「第1回」報告は こちら

>>「第2回」報告は こちら

>>「第3回」報告は こちら

>>「第4回」報告は こちら

>>「第5回」報告は こちら

>>「第6回」報告は こちら

>>「第7回」報告  こちら


>>こども心理学科HPは こちら

【授業紹介】こども心理学科授業「触れるアート」

[聖学院大学(こども心理学科)] 投稿日時:2013/10/23(水) 15:00

こども心理学科授業「触れるアート」
(喜田 敬先生)


「百聞は、一見に如かず」といいますが、実は視覚ほど五感の内で厄介なものはありません。
見えることへの過信。情報の多さによる見落としや偏見、願望によって見ているものの見え方は変化します。



この写真は、シュールレアリスム絵画技法の一つであるフロッタージュ(Frottage)を学ぶ五感の授業の一コマです。
大学構内で見付けた凹凸なものを指先で触れ、感じ、その凹凸の上に紙をのせ色鉛筆でやさしくこすり現われて来る形を目で再確認します。

大学の中にどんな凹凸があるのかを捜し、触るとどんな感じか体験し、同じ凹凸でも、出来た作品が、ひとりひとり違うことを知る授業です。







【参考】
こども心理学科ホームページはこちらから>>



 

2013/10/9 欧米文化学科AH 学生がハロウィンのランタン作りを行いました

[聖学院大学(欧米文化学科)] 投稿日時:2013/10/17(木) 16:08

聖学院大学欧米文化学科では、毎年恒例となっているハロウィンに飾られるかぼちゃのランタン「ジャック・オー・ランタン」作りが、10月9日に行われました。
欧米文化学科の1年生が参加し、先生方と一緒にランタンを作りました。


            
              作成したランタンにロウソクの明かりを灯しました

作業に入る前に学生たちは、欧米でどのようにハロウィンが行われているのか、またハロウィンのいわれや、現代のハロウィン事情などを学びました。

ハロウィンは、移民の国アメリカで盛んです。
それぞれの国より集まった移民が、アイデンティティを保ち続けるために、アメリカでは様々な国のお祭りが行われています。
ハロウィンもその一つで、アイルランドからの移民が、民族の象徴として行ったことから、やがて大規模なお祭りとなった、と紹介されました。

欧米文化学科の学生が取り組んだランタン作りは、実際のかぼちゃに、ランタンの顔の部分を下書きし、ナイフでカットしていくというもの。

初めての作業に四苦八苦しつつも、学生たちは楽しんで参加、作成したランタンは聖学院大学の各部署のカウンターなどに飾られました。


             
                 授業でハロウィンについて学びました

 
           チームになって、かぼちゃにマジックで下書きをしました

 
             かぼちゃの中をくり貫き、目や鼻をカットしていきます

 
     ランタンが完成しました            警備室の受付に飾られたランタン

【参考】
new! 
ランタン作りの様子を動画でご紹介しています こちらから>>

欧米文化学科ホームページはこちらから>>














 
«前へ

<< 2013年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

取材等のお問合せは

▼広報課までお問合せください
E-mail: pr@seig.ac.jp
TEL: 048-725-6191/FAX: 048-725-6891
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1
>>地図

>>2008年以前のプレスリリース情報はコチラ