大きくする 標準 小さくする

聖学院 On-line Information 2011/12

<<前へ

「子ども大学 あげお・いな・おけがわ」の様子が上尾市教育委員会HPに掲載

[聖学院大学] 投稿日時:2011/12/26(月) 14:55

11月19日(土)から4回に渡って行われている上尾市教員委員会の「子ども大学」のHPが掲載されました。

>>『子ども大学 あげお・いな・おけがわ』公式HP(上尾市教育委員会)はこちら

学習の様子

聖学院大学を会場にして行われた1日目(11月19日)、2日目(12月3日)の様子が紹介されています。
1日目が11ページ、2日目が7ページの写真集になって報告されています。



1日目の【はてな学】講義1『クリスマスと文化(1)』では、
クリスマス飾りの由来と リースづくりとして、
講師の聖学院大学の佐野正子先生(コミュニティ政策学科)、
寺崎恵子先生(児童学科)が紹介されています。


2日目の【はてな学】講義2『クリスマスと文化(2)』では、
「クリスマスなにが出るやら」と題して、   
講師の聖学院大学の東 仁美先生(欧米文化学科)が紹介されています。

また、ハンドベクワイアの演奏風景も掲載されていました。

学習プログラム

講義内容と講師などについての一覧表



>>『子ども大学 あげお・いな・おけがわ』公式HP(上尾市教育委員会)はこちら



<関連ブログ>
>>11/19「子ども大学あげお・いな・おけがわ」が聖学院大学で開催されました


>>「子ども大学あげお・いな・おけがわ」が聖学院大学等で開催されます

2011/12 部室棟が新設されました

[聖学院大学] 投稿日時:2011/12/26(月) 13:50

聖学院大学の待望の部室棟が完成!

1階には各学生委員会(大学祭や卒業事業等を担当する委員会、各部をまとめる体育会連合、文化会連合、特別委員会連合など)の部屋があり、2階には各連合に所属する体育会系部と文化会系部の部屋が配置されています。

今回の部室棟はクラブライフの快適性を目指し、全室冷暖房完備、シャワー室完備、学友会だけの大会議室、留学生との交流を図る国際交流室、大学祭準備室、寛ぎの場となる和室、来校大学用控え室など様々な機能を備えた活動サポート棟になります。
全館利用開始は2012年4月になります!


  
           部室棟外観                           部室の様子

   
      1階シャワー室                         1階和室


現在建築中のシャローム館は、4月より2階建ての建物となります。
1階が保健室、1階の一部と2階が学生相談室として、学生の心身を守る建物として機能も充実して新しく生まれ変わります。

2011年度聖学院大学クリスマス礼拝が行われました

[聖学院大学] 投稿日時:2011/12/21(水) 13:50

12月20日、21日、聖学院大学ではクリスマス礼拝が行われ、学生・教職員が参加しました。

礼拝の冒頭では、ページェント(キリスト生誕劇)が行われ、聖歌隊、ハンドベルによる演奏や聖書朗読がされました。後半では、チャプレンの菊地順先生、柳田洋夫先生による説教が話され、クリスマスの訪れをお祝いました。

 
          大学チャプレン 菊地順先生                                人文学部副チャプレン 柳田洋夫先生
 

12月20日(火)
大学チャプレン 菊地順先生
クリスマス礼拝説教「最悪にあらず」 
ルカによる福音書第2章8節~11節
※菊地順先生のクリスマス礼拝説教を こちら から見ることができます

12月21日(水)
人文学部副チャプレン 柳田洋夫先生
クリスマス礼拝説教「はじめての礼拝」
マタイによる福音書第2章9節~11節
 


     学生たちによるページェントの様子


クリスマス献金 
今年は下記の団体に献金をお献げしました。
■2011年度特別献金先  東日本大震災 被災者の方たち
■社会福祉法人  久美愛園
■児童養護施設  光の子どもの家
■児童養護施設  ホザナ園
■学校法人     日本聾話学校
■隠退教職ホーム にじのいえ信愛荘
■特別養護老人ホーム  キングスガーデン


 

わかばクリスマス会が行なわれました [子育て支援センター・わかば]

[聖学院大学] 投稿日時:2011/12/17(土) 14:58

第II期わかばの終了日(12月12日~16日)に、わかばクリスマス会が緑聖ホールで開催されました。
今年は親子でパンケーキの上にトッピングをしてスペシャルケーキを作ったり、クリスマスの手遊び歌やパネルシアターを楽しみました。

(↓当日の様子を動画でご覧いただけます)




  

(写真左)最初に受付で、先生方手作りのツリーワッペンを付けます
(写真右)わかばのお部屋も可愛らしいクリスマスの飾りつけがされています


  

(写真左)クリスマスの手遊びうたを一緒に
(写真右)親子でケーキ作り。とっても素敵にできました!




パネルシアター「クリスマスおめでとう」


また、大学の児童学科学生と子育て支援センター長・村山先生によるクリスマスソングのリコーダー演奏も披露されました。
感謝のお祈りをした後、自分たちで製作したリースとプレゼントをいただきました。

  

▼聖学院大学子育て支援センターわかばHP
http://www.seig.ac.jp/midori/wakaba01.html

▼聖学院大学人間福祉学部児童学科HP
http://www.seigakuin.jp/contents/faculty/child/

2011/12/14 第5回聖学院大学英語スピーチコンテスト報告

投稿日時:2011/12/16(金) 17:37

12月14日(水)、聖学院大学チャペルにて、第5回聖学院大学英語スピーチコンテストが行われ、8人の在学生が熱弁をふるいました。
会場では、約250人の学生・教職員が発表者のスピーチに耳を傾けました。



    審査員の先生方と発表者のみなさん
 

発表者
波多 栄美 HATA Eimi (欧米文化学科1年) 学長賞
 “Through Beautiful Pain”  

山﨑 理恵 YAMAZAKI Rie (政治経済学科3年) 学長賞
“Look Ahead with a Positive Attitude”

鈴木 萌子 SUZUKI Moeko(欧米文化学科2年) 英語教育委員長賞
“Planting Seeds of Love”

丹下 今日子 TANGE Kyoko (欧米文化学科1年) 国際部長賞
“Are You Smart?”    



千葉 良太 CHIBA Ryota (欧米文化学科2年) 健闘賞
“I Like Darkness”

日比野 聡子  HIBINO Satoko(児童学科1年) 健闘賞
 “Life Is Wonderful”

前田 こと美 MAEDA Kotomi(欧米文化学科3年) 健闘賞
“We Can Learn from Our Regrets”

寺川 麻理乃  TERAKAWA Marino (児童学科1年) 健闘賞
“The Power of Words”    



「My Beliefs(私の主張)」「My Future(未来の私)」といったテーマに沿って行われた今回のコンテストでは、発表者が体験した英語の勉強の難しさや、自分自身の将来像、また家族についてなど様々なスピーチがされました。

«前へ

<< 2011年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

取材等のお問合せは

▼広報課までお問合せください
E-mail: pr@seig.ac.jp
TEL: 048-725-6191/FAX: 048-725-6891
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1
>>地図

>>2008年以前のプレスリリース情報はコチラ