大きくする 標準 小さくする

聖学院プレスリリース 2011/9

【プレスリリース】茂山千三郎先生指導のもと、日本文化学科特別講座「狂言祭」を開催

[プレスリリース] 投稿日時:2011/09/30(金) 11:53

聖学院大学では10月5日(水)に、日本文化学科の授業「伝統芸能」の発表会として「狂言祭」を開催する。この狂言発表会は毎年恒例となっており、今年で8回目。京都茂山狂言会の茂山千三郎氏の指導のもと、熱心に練習を重ねてきた学生たちが、舞台で「口真似」などの作品を演じる。入場無料、予約不要。


 聖学院大学日本文化学科では、京都茂山狂言会の茂山千三郎氏指導のもと、狂言を実践的に学ぶ「伝統芸能」という授業を開設している。
 狂言を授業として取り入れている大学は全国でも非常に珍しいが、「伝統芸能」の授業では、狂言を「観る」だけでなく、実際に「演じる」ことを主眼として指導を行っている。
 
 8回目を迎えた今年の狂言祭は10月5日(水)に開催。詳細は以下の通り。
 

狂言祭
【開催日時】
 10月5日(水) 11:00~12:30(開場:10:20)
【開催場所】
 聖学院大学体育館(埼玉県上尾市戸崎1-1)
【講師】
 茂山千三郎(京都茂山狂言会)
【内容】
 茂山千三郎氏の指導による学生の実演および茂山氏による解説と実演
 演目 狂言「口真似」ほか

 
※外部の方にも公開しております。(100名まで)
 事前予約不要・入場無料
 
【問い合わせ先】
 企画総務課 TEL: 048-781-0925

◆茂山 千三郎氏のプロフィール
 大蔵流狂言師。1964年9月4日生まれ。四世茂山千作の三男。父および祖父三世茂山千作、叔父二世茂山千之丞に師事。1967年『業平餅』の童で初舞台。1999年京都府文化奨励賞受賞。1980年より「花形狂言会」に加わり活動するほか、海外公演にも多数参加。また、ラジオのパーソナリティーやテレビのニュースキャスター、ミュージカル・オペラの演出・出演などでも幅広く活躍する。
 聖学院大学では2003年より非常勤講師として「伝統芸能」の科目を担当、学生に狂言の指導をしている。
 
●聖学院大学(学長:阿久戸光晴 住所:埼玉県上尾市戸崎1-1)
 1988年設立。大学は3学部7学科(政治経済/コミュニティ政策/欧米文化/日本文化/児童/こども心理〈2012年度開設〉/人間福祉)のほか、大学院、総合研究所を有する。
 
 
▼本件に関する問い合わせ先
 聖学院大学 広報課
 埼玉県上尾市戸崎1-1
 TEL: 048-780-1707 FAX: 048-725-6891
 E-mail: pr@seigakuin-univ.ac.jp
 URL:  http://www.seigakuin.jp/


▼チラシはこちら

【プレスリリース】コミュニティ政策学科講演会2011「健康・医療・福祉都市構想」

[プレスリリース] 投稿日時:2011/09/30(金) 11:46

聖学院大学政治経済学部では10月12日(水)に、コミュニティ政策学科講演会2011「健康・医療・福祉都市構想」を開催。埼玉県志木市の長沼明市長を講師に招き、急速に高齢化が進む都市部の自治体・志木市における、行政の「安心・安全な街づくり」への取り組みについて、独自の視点で語っていただく。入場無料、事前申し込み不要。


政治経済学部・秋の講演会
 「健康・医療・福祉都市構想」―安心・安全な街づくりと志木市の求める公務員像―

 
・日時: 2011年10月12日(水)11:00~12:30
・会場: 聖学院大学チャペル(埼玉県上尾市戸崎1-1)
・講師: 長沼 明氏(埼玉県志木市長)
・主催: 政治経済学部 コミュニティ政策学科

※入場無料・事前申込不要 
※一般のお問合せ先: 企画総務課 TEL 048-781-0925

【講演概要】
 志木市の人口は、現在、約7万1千人です。また、65歳以上の高齢者人口は約1万4千人で、高齢化率は19%台となっています。そして、要介護認定を受ける高齢者の割合は、約11%です。あわせて、志木市民の死亡原因で一番多いのは悪性新生物、次いで心疾患・脳血管疾患という順になっています。
 いま、志木市では、子どもから高齢者まで、志木市に暮らしていれば、健康・医療・福祉の面で、安心・安全に生活できるという「健康・医療・福祉都市構想」という街づくりをすすめています。
 その施策のひとつとして、平成24年度末を目標に、肺がん・胃がん・大腸がん・乳がん・子宮がんの検診率50%、特定健診の受診率65%・特定保健指導の実施率45%を達成するという数値目標を掲げ、取り組みを推進しています。
 実は、要介護認定を受ける高齢者の主たる疾病は、脳血管疾患が一番多く、約4分の1近くを占めており、次いで、認知症で、2割を超えています。また、65歳以上75歳未満の高齢者が要介護認定になる割合は、約3%なのに対し、75歳以上の後期高齢者が要介護認定になる割合は、約23%であり、4人に1人が要介護状態にある、ということがデータ上明らかになっています。
 急速に高齢化が進む都市部の自治体・志木市において、行政はどう「健康・医療・福祉都市構想」づくりに取り組んでいるのか。そして、そこで働く市職員には、何が求められているのか。市長が独自の視点で語ります。
 
◆長沼 明(ながぬま あきら)氏のプロフィール
 1954年生まれ。1981年埼玉大学教養学部卒業。1980年埼玉大学の学生のとき、志木市議会議員に当選。「学生市議」と話題になる。以後、市議を通算6期、埼玉県議会議員を通算3期務める。2005年志木市長就任。現在、2期目在任中。明治大学経営学部特別招聘教授、日本年金機構の設立委員会委員、社会保障審議会・日本年金機構評価部会委員(2009年12月まで)、全国訪問看護事業協会・会長を歴任。
 
●聖学院大学(学長:阿久戸光晴 住所:埼玉県上尾市戸崎1-1)
 1988年設立。大学は3学部6学科(政治経済/コミュニティ政策/欧米文化/日本文化/児童/人間福祉)のほか、大学院、総合研究所を有する。2012年4月こども心理学科開設。
 
 
▼本件に関する問い合わせ先
 聖学院大学 企画総務課
 TEL: 048-781-0925 E-mail: pru@seig.ac.jp
 URL: http://www.seigakuin.jp

【プレスリリース】震災により延期していたフレッシュマン・オリエンテーションを開催

投稿日時:2011/09/21(水) 10:19

聖学院大学(上尾市戸崎1番1号、学長 阿久戸光晴)では、3月11日東日本大震災の影響で延期となっていた新入生向けのフレッシュマン・オリエンテーションを半年遅れで行います。通常は4月上旬に一泊二日の日程で行われている行事で、入学したばかりの新入生が、新しい環境の中で抱いている緊張と不安を解消し、充実した大学生活をスタートしてもらいたいという目的のもとに毎年計画されているものです。10人前後のアドバイザー・グループに分かれ、共に学ぶ友達や教員と親しく交わりを持つことができます。そうした中でこの大学の基盤となっている「神を仰ぎ、人に仕う」という建学の精神のもと、キリスト教の香りに触れ、聖学院大学がどのような大学で、何を大切にしているのかという点を理解していただきます。
今年のフレッシュマン・オリエンテーションは、1日プログラムとして開会礼拝から始まり、その後、震災ボランティアで活動している先輩学生からの「復興支援ボランティア活動報告」を全員で聞き、午後から各学科に分かれてのプログラムが持たれます。


日時
2011年9月22日(木)10時~ 秋のフレッシュマン・オリエンテーション


各学科の主なプログラム概要                      
●政治経済学科、コミュニティ政策学科                       
   アドバイザー・グループ別懇談会                  
「備えよう、大震災!」
●欧米文化学科                    
  「国際人への第一歩 ガイダンス」
  「国際人への第一歩 アクティヴィティ編」
●日本文化学科                    
   アドバイザー・グループ別懇談会
   落語・講演会
●児童学科                      
   アドバイザー・グループ別懇談会
「みどり幼稚園」を会場としたオリエンテーリング
● 人間福祉学科                    
   アドバイザー・グループ別懇談会
   福祉クイズ、ゲーム、歌など
   先輩を招いての座談会ほか

 

▼取材のお申し込み、お問い合わせは下記へお願いします。
聖学院広報センター 担当:栗原
電話(ダイヤルイン) 048-780-1707
FAX   048-725-6891
e-mail   pr@seig.ac.jp 
大学ホームページ  http://www.seigakuin.jp/

<< 2011年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

取材等のお問合せは

▼広報課までお問合せください
E-mail: pr@seig.ac.jp
TEL: 048-725-6191/FAX: 048-725-6891
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1
>>地図

>>2008年以前のプレスリリース情報はコチラ