大きくする 標準 小さくする

聖学院 On-line Information 2013/1

<<前へ

「児童訪問ボランティア派遣in 岩手県田野畑村・野田村」第6回報告

[聖学院大学(こども心理学科)] 投稿日時:2013/01/31(木) 11:32

「児童訪問ボランティア派遣in 岩手県田野畑村・野田村」第6回
 

 日 時 2012年12月12日(水)~15日(土)
訪問先 1.野田保育所(キャロリング)(13日)
    2.田野畑村立若桐保育園(14日) (第3回訪問先)
    3.田野畑村立たのはた児童館(14日)(第5回訪問先)
参加者 Y.Y(こども心理学科1年)、H.K(児童学科4年)、M.I(児童学科4年)、R.A(児童学科4年)、H.S(政治経済学科4年)、渡邉正人(こども心理学科教授)、鈴木美登利(NPO/事務局長)、島村宣生(NPO/担当理事) 以上9名
 
【実施内容~プログラム~(50分)】
テーマ 『くまさんたちのクリスマスパーティ』
登場  トレール 「あわてんぼうのサンタクロース」
自己紹介
パネルシアター「くまさんたちのクリスマスパーティ」
ゲーム「お星さま つかまえた」
だっこ「メリークリスマス」
サプライズ プレゼント(アロマキャンドル・クッキー)


201301311147_1.jpg

 
【感想】(抜粋)
「第6回訪問活動に参加して」・・・・・Y.Y(こども心理学科1年)
 *5回目の参加
(若桐保育園)
 自己紹介。これまでは○○お兄さんもしくは○○お姉さんと紹介してきたが、今回は○○サンタで統一し、サンタカラーを前面に押し出して進行した。

 

 「自分の方を見て!」という気持ちでいっぱいの子が多いように感じる。
 

 パネルシアター。途中には手遊び歌を入れるなどして子どもたちにも参加してもらった。これはとてもウケていたように見える。なぜなら、子どもたちだけでなく先生方もとても楽しんでくれているように見えたから。
 

 ゲーム。体を動かせるようなゲームを用意することが園からの期待だったのでそれに対して応えられていたように思える。
 

(たのはた児童館)
 (子どもたちの)ニコニコが増えていくのが学生側の笑顔にも大きく影響していたと思う。
 
 最後の「メリークリスマス」では、思い出すだけで涙が出そうになるほどうれしいことが起こった。いつもお兄さんの集まって行列ができ、お姉さんに来るのはお兄さんが怖い女の子やお姉さんが好きな男のくらいだったのだが、このときは自分の所に子どもたちがわーっと集まってきれくれたのだ。一生忘れられない出来事になった。

 

 準備の時間が少ない中、一緒に来ることができなくなったSさんがとても頑張ってくれたので、本番がうまくいったのだと思う。また先輩方が、自分のわがままに付き合って体を酷使してくれたので、子ども達をここまで喜ばせることができたのだと思う。本当にたくさんの人に感謝したい。
 

 回数を重ねるたびに子どもの成長を感じることができるこのボランティアは本当に自分のこれからの糧になった。被災地を何度も訪れることができたからこそ見えてくる、人間の温かさのようなものもあったと思う。


201301311147_2.jpg
パネルシアター「くまさんたちのクリスマスパーティ」

 

「ボランティア活動を終えて」・・・・・H.K(児童学科4年)
 *初参加
 二つ目的を持って参加した。一つ目は、実際に被災地を訪れることを通し、被災地の現状や、震災の事実を受け入れたいという思いで。被災地の現場を目の前にして初めて被災した人々の想いを感じ取ることができたように思う。
 私は何ができるのだろうかと考えるようになった。被災地を訪れたことで、こんなに小さい人間だけど、被災地を訪れたからこそ感じたその地の人々の想いを、自分の周りの人々に伝えていくことが、私にできることだと感じることができた。

 

 二つ目の目的としては、子ども達に笑顔と楽しい時間を届けるために。
 途中参加ということもあり正直不安があった。準備も任せっきりになってしまい、参加する目的として意識を持てなかったことに申し訳なく思っていた。リハーサルでは、先生方からもアドバイスをいただきながら、みんなの意見を出し合い、同じ目標に向かって一心不乱に練習に取り組めた事を嬉しく思う。

 

 リハーサル中に先生から「子どもたちは、こんな踊りをみてもやってみようとも思わないし、子どもたちに失礼だ。子どもたちの前に立って演じることにもっと責任をもって、堂々とステージに立つことが共に楽しむために必要だ」と言われた。
 

 みんなが同じ目標に向かって頑張れたからこそ、子どもたちを笑顔にできたのだと思う。この子どもたちの笑顔は、一人では決して作り出すことができなかったと思う。みんなの想いが重なり、子どもたちに喜んで欲しいという想いがあったからこそ、子どもたちを笑顔にすることができたのだと今になって改めて感じる。
 

 私は笑顔をもらって帰ってきたように感じる。子どもが笑って喜んでくれたという瞬間が私に元気と生きていく勇気をくれて帰ってきたように感じた。
 人は相手を思いやるからこそ助け合いがある。被災地を訪れ、さらに人と人との繋がりを強く感じた。

 

 4月から社会人として生活しますが、この経験を心に刻み子どもたちとしっかり向き合っていきたいと思います。このボランティアで学んだ私達の笑顔が、子どもたちの笑顔になることを忘れずに取り組んでいきたいです。

 

「初めての児童訪問ボランティア」・・・・・M.I(児童学科4年)
 *初参加
 今までの実習を活かし自分のできることを行うこと、子どもと楽しむこと、被災地をしっかりと見ること、この3点を軸に過ごしていこうと決めた。

 

 (三陸鉄道についてのDVDを観て)
 三陸鉄道の開通が地域の人の喜びであり、日常へ戻る一歩でもあることを知り、交通機関だけではなく人々の支えであり、復興の象徴であるのだろうと思った。

 

 (「3.11を忘れない」という冊子に出ている場所を直接目で見て)
 津波が来た時の写真だけでなく何もない現状もしっていなければならないことだと感じた。

 

  お店に「がんばろう 東北」のポスター等が掲げられていたが感謝の言葉も多く目にした。被災により悲しく辛い思いをしている中でも、感謝の気持ちを忘れずに表現していることが日本人の素晴らしいところであると感じた。
 

 準備段階から参加することができず、内容に意見を言っていいのか不安になったが、学生それぞれ子どもたちを喜ばせたい、楽しませたいという考えがあったため、意見を言うこと、それおれの持ち味を出すことができ高め合うことができるのだと知ることができた。
 

 子どもと楽しむことに焦点をおいていたが、私が子どもを楽しませたというより、子どもに楽しませてもらったというように感じた。子どもの遊ぶ様子を見て笑顔が自然となり、子どもが一生懸命に走る姿を見て、私まで楽しく走り回ったりした。子どもの持つ力は大きいと感じ、その子どもの力を受け止めるだけの受容する心が必要だと痛感した。


201301311147_3.jpg
ゲーム「お星さま つかまえた」


「岩手の地で」・・・・・R.A(児童学科4年)
 *2回目の参加
 キャロリング。岩手県で私達聖学院大学がたくさんの”つながり”を持っていることをひしひしと感じた。私たちが行っている活動への周りの人々の期待を知り、嬉しい気持ちになると同時に、この活動に向けてより身が引き締まる思いであった。

 

 今回は私達の踊りを子どもたちが真似していくという場面が多く、一生懸命、私たちを見ながら身体を動かしている子どもの姿が印象的であった。
 

 たのはた児童館。初めての時ほど”この現状にどんな感情を持ったら良いのかわからない”といった状態にはならなかった。今まであった物が津波によって破壊されたことは確かだが、そこにある”復興しよう”という人々の気持ちに目を向けられるようになった。このプログラムにずっと参加している学生も言っていたが、訪問を繰り返すことによって、”なくなってしまったもの”よりも”動いているもの”にも目がいくようになった。

 

「三回目の児童ボランティア」・・・・・H.S(政治経済学科4年)
 *3回目の参加
 最初は自分が3回も児童ボランティアに参加するとは思っていませんでした。自分は子どもたちと遊んだり触れ合うということの知識がまるでなく、しかも子どもが少し苦手な部分があり、こういったことをするのを避けていました。しかし、最初の児童ボランティアの時に子どもたちの楽しそうな笑顔や、テンションの上がり方を見ていると、今までの不安な気持ちが吹き飛び、自分がやってもこのように子どもたちに元気を与えることができるんだ、喜んでくれるんだなと思い、私はとても嬉しく思いました。

 

 最初に訪問した10月から2か月も経っているのにあまり復興が進んでいる様子が私にはあまり見受けられませんでした。
 

 いろいろな団体や国からのお金の支援があったにも関わらず、そのお金はどこに使われ、どこに消えたのか全く話がなく、とても不愉快でたまりません。
 もっと被災された方々のことを考え、何のために誰のために支援金が集まったのかを考え、復興復興と言葉だけでなく、しっかりとした経緯を持って政府の人たちは復興に励んでほしいと私は思っています。


201301311147_4.jpg

だっこ「メリークリスマス」



 

>>「第1回」報告は こちら
>>「第2回」報告は こちら
>>「第3回」報告は こちら
>>「第4回」報告は こちら
>>「第5回」報告は こちら


>>こども心理学科ホームページは こちら


 


 

「児童訪問ボランティア派遣in 岩手県田野畑村・野田村」第5回報告

[聖学院大学(こども心理学科)] 投稿日時:2013/01/30(水) 11:46

「児童訪問ボランティア派遣in 岩手県田野畑村・野田村」第5回

 日 時 2012年11月14日(水)~17日(土)
訪問先 1.田野畑村立たのはた児童館(16日) (第4回訪問先)
参加者 Y.Y(こども心理学科1年)、M.S(こども心理学科1年)、T.S(児童学科1年)、R.A(児童学科4年)、H.S(政治経済学科4年)、島村宣生(NPO/担当理事) 以上6名
 
【実施内容~プログラム~(50分)】
テーマ 『勤労感謝の日』
登場  トレール
自己紹介
読み聞かせ「不思議な風船」
ゲーム「ジャンケン列車」「郵便屋さんリレー」
サプライズ ウシ・トラ・キョウリュウと遊ぼう
お別れ あ・り・が・と・う

 
201301301159_1-300x0.jpg
サプライズ 「ウシ・トラ・キョウリュウと遊ぼう」


【感想】(抜粋)
「たのはた児童館を訪問して」・・・・・Y.Y(こども心理学科1年)
 *4回目の参加
 今回で4回目のこの園は、前回の盛り上がりをもう一度!という思いと、11月にはこの園しかないので全力で尽くそうという気持ちで、いつも以上に気合を入れていどみました。

 

 「不思議な青い風船」のお話は、思っていた以上に良い反応をしてくれたのが印象的だ。
 

 悔しいほどに・・・それぞれのお兄さんたちは自分のキャラクターを活かして子どもたちに囲まれていた。今回初参加のTお兄さんには前回、お兄さんを怖がって先生から離れなかった子も自分から近づいて行ったほどだ。
 

 全プログラムを終えて「バイバイ」にしようとすると、子どもたちが練習中の踊りを見せてくれた。本当にうれしかった。子どもたちの成長を見れていると思った。次はさらに!という気持ちになった。
 

 今回の活動直後に、「あそこはああすればよかった」など、反省点を自然と話し合う空気になったのがよかったと思う。
 

 

「二度目の訪問ボランティア」・・・・・M.S(こども心理学科1年)
 *2回目の参加
 前回と違う点は今回は、道具をあまり使わずに、体を思いっきり使うゲームであったということでした。その点でも喜んでもらえたのかなと感じました。

 

 交流の時には前回より長く時間を取ることができ「もっとやって」と言う子どももいて、子どもたちに喜んでもらえたのではないかと思いました。
 

 前に行った時とは違った地域に行かせてもらいましたが、まだまだ修復が進んでおらず、こんなに地域により変わるのだと心が痛くなりました。
 

 次回、訪問ボランティアに参加する際にはまた新しいこともどんどん取り入れて引き続き子どもたちに喜んでもらえるような企画をしたいと思いました。
 

 

「被災地と子どもたちの姿」・・・・・T.S(児童学科1年)
 *初参加
 被災地へ行くのは初めてで、どんな状態かは全くわかりませんでした。
 ここまでひどいものなのかと心を打たれました。3.11の恐ろしさを肉眼で読み取り、肌で感じ取ることができ良かったと思いました。

 

 訪問するまでは、我々なんかが訪問しても本当にいいのか、震災を体験していない自分なんかが行ってもいいのかと自問自答の繰り返しでしたが、児童館に着くと子どもたちが元気な声で「こんにちは!」と言ってくれて、今までの悩みなど吹き飛び子どもたちに助けられ、私も元気よく挨拶を返すと笑顔で迎えてくれました。
 

 多くの子どもたちは笑顔が絶えずにいたのですが、数人不安を抱えた顔をした子がいて何を言っても返事がなく先生に掴まった状態で、その子が何を考えているのか汲み取ってあげられませんでした。
 

 お別れの時に一人一人の子どもたちを抱っこしてあげて、いろんな子どもたちのいろんな顔を見ることができていい経験になりました。
 

 将来子どもと接する職業に就きたいと考えているので今回の訪問で得ることができた知識を、もっと深めるためにボランティアやいろんな幼稚園への訪問を積極的にしていきたいと思います。
 


「”言葉で表す”こと」・・・・・R.A(児童学科4年)
 *初参加
 どのような言葉なら子どもはわかりやすいのか、何度も何度も練習を重ね、学生ひとり一人が意見を交わせるようになっていった。先生方と学生全員が協力して、一つのものを作り上げていく。そのことがとても楽しく、大きなやりがいを感じていた。
 本番の状況をイメージして、子どもはどこにいるのか、どのように移動するのか、一つひとつの細かい部分まで確認しておく必要性を痛感した。

 

 緊張していたが、とにかく”楽しもう”と自分に言い聞かせて臨んでいった。
 ゲームの時間では、実際に子どもと行うことで気づいた点がいくつもあった。

 

 このボランティアでは、子どもと関わることに加えて”被災地を実際に訪問する”ことにも大きな意味があった。教員採用試験の勉強をしていく中でも、震災をうけて教師として子どもに何を伝えられるのかなどを考えてきていたため、実際の場所に行きたいと、かねてから強く思っていた。
 だが、津波で流された現場を実際に見て、どういった感情をそこに入れれば良いのかわからなかったのが、正直なところである。
 様々な報道を通じて被災地の様子は何度も見てきたが、やはりその場所に行ってその空間を感じることは、テレビや写真で見る以上に、私に”今”を押し付けてきた。初めて被災地を訪れた今回の、この気持ちを忘れずに、次回も向き合っていきたい。

 

 実習のように一定期間子どもと関わり、子どものことを知ってからであれば、今回のようなゲームは経験してきている。しかし、”初めて出会う”子どもたちに対してこういった活動をすることは初めてであった。
 教育者にも演じるという役者の面はあるが、そこからは少し離れた、より役者に近い”役者”を経験したという感覚があった。


201301301159_2-300x0.jpg
読み聞かせ「不思議な風船」



「人の弱さと子供たちの元気」・・・・・H.S(政治経済学科4年)
 *2回目の参加
 2回目ということで前回の時よりは少し楽な気持ちで行くことができましたが、今回は学校であまり集まることができなく、一連の流れが確認できない状態で被災地へ向かったので不安な気持ちもありました。

 

 やっている中で私たちが行わなければいけない子供たちの誘導を園の先生方にやっていただき、私たちの力のなさを痛感いたしました。
 私たちは学校の行事や、個人的に来ているわけではなくいろんな人の支えや後押しがあって成り立っているものだと改めて感じる児童ボランティアでした。

 

 東北の人々は前向きに元気に一日一日を大切に生きていると感じました。それを見ていると、私たちが悩んでいることなど小さいものだと感じます。


201301301159_3-300x0.jpg
防波堤を歩く


>>「第1回」報告は こちら
>>「第2回」報告は こちら
>>「第3回」報告は こちら
>>「第4回」報告は こちら

>>「第6回」報告は こちら


>>こども心理学科ホームページは こちら

日本語弁論大会(2012/12/5)について留学生によるレポート

[聖学院大学] 投稿日時:2013/01/26(土) 11:00

2012年12月5日に行われた「第10回聖学院大学留学生日本語弁論大会」についての留学生のレポートをご紹介します。


留学生日本語弁論大会についての感想     (日本文化学科2年 トウ ショウシン)


 12月5日水曜日、チャペルで留学生日本語弁論大会が行われた。今回のテーマは、「世界の中の日本―私のイメージ」、「私の主張」、「未来の私」、「私の異文化体験」であった。今回の弁論大会に参加した弁論者とその弁論タイトルは、①チョウ レイエン(中国)の「日本での生活」、②ヨウ シンシン(中国)の「私の就職観」、③イ テウック(韓国)の「未来の私」、④イ ゴンヒ(韓国)の「頑張れニッポン!」、⑤サイ ミカ(中国)の「未来の私」、⑥イ ゴンヒ(韓国)の「頑張れニッポン!」。弁論大会はまず弁論者たちの弁論から始まった。その後、弁論者へのインタビューが行われ、表彰式があった。最後、審査員は弁論者一人一人に対して講評を行った。

 弁論の中で一番いいと思ったのはハイキエンさんの「成功への近道」である。彼女は自分自身の経験を通じ、人生は失敗を恐れずどんどん挑戦するべきだと語った。2008年の北京オリンピックをきっかけに、ハイキエンさんは海外へのボランティア活動に参加することにした。現地で、言葉が通じない彼女は様々な困難を越えながら、経験を積み重ね、最後は成功するに至った。ハイキエンさんは弁論を通じ、失敗を恐れずどんどん挑戦するのが成功への近道であることをみんなに伝えた。

 ハイキエンさんの弁論が一番いいと思った理由は二つある。一つ目は内容がよかったということである。ハイキエンさんは自分自身の経験を例として用いた。こうしたことで、弁論大会を充実させた上に、聴衆に伝えたいものを伝えやすくしたのである。二つ目は弁論の仕方がよかったということ。ハイキエンさんの弁論は発音もきれいであったし、スピードもちょうどよかった。

 弁論大会全体を見ると、もちろん一番、二番の弁論が大変素晴らしかったが、他の弁論者の弁論もよかったと思う。しかし、その中に、日本語も上手で内容も素晴らし合ったのに賞がもられなかった弁論者がいた。なぜ賞がもらえなかったかといえば、スピーチの日本語と普段話している日本語と区別しなかったからである。これはすごく残念だと思う。





>>「第10回聖学院大学留学生日本語弁論大会」については こちら




  

2013/1/9 石部公男先生 最終講義「私たちの生活とマクロ経済」

[聖学院大学] 投稿日時:2013/01/17(木) 20:38

1月9日(水)、アセンブリーアワーの時間に政治経済学部コミュニティ政策学科教授 石部公男先生の最終講義「私たちの生活とマクロ経済」がチャペルにて行われ、約70人の学生、教員が出席しました。

                                

                             最終講義を行った石部公男先生


石部先生のご専門は、マクロ経済学、中国経済事情。大学開設当初から長年にわたり「経済学」「マクロ経済学」等の教鞭を執られてきました。

講義は、日本が自民党政権になったことで、経済がどのように変化したか、現在の状況をふまえつつ展開されました。

デフレーション・インフレーションの原理とリスクを説明、また株やFX投資についても言及しました。石部先生は、世界を覆う大きな経済の動きが私たちの生活にも繋がっていると語りました。

最終講義終了後、石部先生を囲む交流会がもたれました。


コミュニティ政策学科ホームページはこちら>>

2012/12/26 キッズ・ユニバーシティ・さいたまが聖学院大学で行われました

[聖学院大学] 投稿日時:2013/01/08(火) 11:34

12月26日、聖学院大学にて「キッズ・ユニバーシティ・さいたま」が行われ、さいたま市の小学6年生約60人が参加しました。
参加した小学生は、ドビュッシー作曲「子どもの領分」のピアノ演奏を交えた音楽の授業や、学生によるキャンパスツアー、また魔女や魔法について考えながら物語や文学について学ぶ授業など、様々な授業を体験しました。



  
   村山順吉先生(児童学科)の授業                  学食での昼食
    「『子どもの領分』を学問する」                

   
 緑のジャケットを着た学生とキャンパスツアー      坂本佳代子先生(児童学科)の授業
 聖学院大学にまつわるクイズに挑戦しました       「『子どもの権利条約』って何だろう」 


■行われた授業
9:30~10:00
・「子どもの領分」を学問する~音楽から「キッズ・ユニバーシティ・さいたま」への誘い~
 (児童学科長 村山順吉先生)

10:20~12:00
・聖学院大学の秘密を探れ~キャンパス・ツアー~
(児童学科の学生たちによるオリエンテーリング)
・もしも明治元年生まれの子どもだったら
(児童学科教授 田澤薫先生)

13:10~14:50
・「子どもの権利条約」って何だろう
(児童学科客員教授 坂本佳代子先生)
・魔法とは何か? ~物語に見ることばの力~
(児童学科教授 松本祐子先生)


<参考> 
12/26キッズ・ユニバーシティ・さいたま プレスリリースはこちら>>


児童学科ホームページはこちら>>


«前へ

<< 2013年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

取材等のお問合せは

▼広報課までお問合せください
E-mail: pr@seig.ac.jp
TEL: 048-725-6191/FAX: 048-725-6891
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1
>>地図

>>2008年以前のプレスリリース情報はコチラ