大きくする 標準 小さくする

聖学院 On-line Information 2011/1

<<前へ

1/19人間福祉学科AH「中村磐男先生・牟田隆郎先生から学生たちへのメッセージ」

[聖学院大学(人間福祉学科)] 投稿日時:2011/01/31(月) 16:01

1月19日(水)11:00~12:30聖学院大学7302教室において、人間福祉学科AH「中村磐男先生・牟田隆郎先生から学生たちへのメッセージ」と題して講演会が行われ、今年度で退職されるお二人の先生から、学生たちへのメッセージが語られました。



牟田隆郎先生
 

牟田先生は、ひとりっ子の少年時代から今日に至るまでを体験を通して事例を挙げながら「どうしてそうなるのか」という疑問に直結したこと、恩師から「現実に直面する」ことの大切さを学び、現実を回避するのでなく、乗り越える体験から別の自分を発見する機会になったこと、そのような過程を経て心理学分野を専攻したことなどが語られました。あらためて「人生とは何か」「生きるとは何か」を考える機会になりました。


中村磐男先生

中村先生は映像を使い1950年代に生じた「森永ヒ素ミルク」事件について、国内の社会問題・健康被害に限定するのでなく、グローバルな視点から問題を提供されました。また、企業が「粉ミルク」を開発途上国や貧困な国々に援助している問題を挙げ、まるまる太った健康そうな赤ちゃんの写真を使った広告の裏に潜む真実とは何か、母乳よりも粉ミルクを飲むことで成長すると誤解を生むような報道の在り方、企業の「無償提供の背景を読み解く視点」と「問題を立ち止まって考えてみる」という姿勢を未来の若者に託されました。



講演終了後、学生からお花が贈られました


お話を聞いた学生の感想を紹介します。
 

人間福祉学科Sさん

牟田先生と中村先生、二人の貴重な話を聞けて、とても勉強になった1時間でした。
牟田先生の話では、出産や競争、ケンカの発見をそれぞれの経験を通して先生は学ぶことができ、その一つ一つの体験はどれも先生にとって大事なものであったことがすごく伝わってきました。自分の考え方、捉え方をしっかり持ち、正しい、正しくないではなく、直面して何事にもぶつかっていくことが大切なメッセージでした。
中村先生の話では、「粉ミルク」について前から色々と考えてきたことを私たちに教えてくれました。未だに解決されていない粉ミルク問題の中には、色々な経歴が詰まっていて、すごく勉強になりました。短い時間だったけれど、沢山学ぶことができました。ありがとうございました。
 

人間福祉学科Nさん

中村先生、牟田先生のお話を聞いて、人は目に見える所だけが真実じゃない、もっと自分の考え方捉え方を築いていけたらいいなと思いました。また、周りに惑わされず、多くの情報を得て、誤った判断をしないよう気をつけたいと思いました。
送るということは、次のステップへ行くことだと牛津先生が言っていました。次のステップへ行っても、中村先生らしく、牟田先生らしく気負わずにいてください。
とてもためになるお話、ありがとうございました。

1/29入試説明・個別相談会が行われました

[聖学院大学] 投稿日時:2011/01/29(土) 16:00

進路や入試で分からないことなど、なんでも聞ける個別相談会が1月29日に行われました。

寒さの中、たっぷりの太陽の日差しを受けて、高校生やそのご家族が聖学院大学に足を運んでくださいました。




学生スタッフのあたたかな出迎えがありました。



相談会にいらした来場者の方々。



留学生相談。熱のこもった説明にメモを取る留学生の姿が印象的。






AO入試レポート型へのエントリーや2月からの一般入試への出願、お待ちしています!


 

1/19児童学科AH 実習報告会が行われました

[聖学院大学(児童学科)] 投稿日時:2011/01/24(月) 15:27

2011年1月19日(水)アセンブリアワーの時間に、児童学科実習報告会が4401教室にて行われました。

3年生から保育所と福祉施設での実習について、4年生からは幼稚園と保育所や施設での実習についての報告がありました。
実習前に準備したことや実習中に気づいたことなど、報告者の話を聞きながら、参加した学生がそれぞれ、自身の実習を改めてふりかえってみる機会になりました。
また、これからの実習についての貴重な助言として学んだ2年生も多かったようです。教材研究を熱心に続けている学生の作品披露もありました。

参加者がお互いに奮起しあい、今後の学びの意欲と方向性を確認することができました。




児童学科HPはコチラ

聖学院高校2年生、千葉大学先進科学プログラム工学部建築学科に飛び入学で合格

[聖学院中高] 投稿日時:2011/01/24(月) 15:18

平成23年度入学の千葉大学先進科学プログラム工学部建築学科に、聖学院高校2年生が飛び入学で合格しました。
 

志願理由書、書類審査、口頭試問、8時間に及ぶ論述問題という審査が行われ、全国より9名応募のところ、一次試験3名合格、最終試験で本校生徒1名が合格となりました。


・聖学院大学中学校高等学校ホームページは こちら

・千葉大学先進科学センター【飛び入学】 ホームページは こちら
 

朝日新聞2011/1/24に聖学院大学の就職への取り組みが紹介されました

[聖学院大学] 投稿日時:2011/01/24(月) 10:34

1月24日(月)の朝日新聞で、私立大学連盟の定例学長会議で論じられたキャリア教育について、阿久戸学長が語られた聖学院大学の就職内定への取り組みが紹介されました。

聖学院大(埼玉県上尾市)の阿久戸光晴学長は昨年12月、系列で創立100年を超える聖学院中学高校(東京都北区)の卒業生95人に手紙を出した。「性格も成績も良い4年生の多くがいまだに就職活動を続けなければならない状況だ。あまり周知されないが堅実経営の会社についての情報を連絡してほしい」などとする内容。
 (朝日新聞2011年1月24日朝刊より)


朝日新聞「大学就職内定率68.8%過去最低に学長らは」 掲載記事は コチラ から

 
 

 

«前へ

<< 2011年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

取材等のお問合せは

▼広報課までお問合せください
E-mail: pr@seig.ac.jp
TEL: 048-725-6191/FAX: 048-725-6891
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1
>>地図

>>2008年以前のプレスリリース情報はコチラ