大きくする 標準 小さくする

聖学院 On-line Information 2010/3

<<前へ

2009年度人間福祉学科北欧研修7

[聖学院大学(人間福祉学科)] 投稿日時:2010/03/31(水) 14:17

コペンハーゲンの街並みを観光後、無事に帰国しました。

学生から、「単なる観光での海外旅行なんてつまらない気がする。現地の方々ともっとお話ししたかった。」などと感想を聞くと、短い1週間でもいろんなことを学んで、感じて、考えることができた旅だったように思います。

あたたかく迎え入れてくださったスベンボー市の市民の皆様をはじめ、ご協力いただいたみなさま、あたたかく見守ってくださったみなさまに、こころより感謝申し上げます。
ありがとうございました。


その6へ戻る

2009年度人間福祉学科北欧研修6

[聖学院大学(人間福祉学科)] 投稿日時:2010/03/31(水) 14:11

今日は、脳疾患・外傷後のリハビリ施設を見学しました。

様々な刺激を大事にするために、乗馬や、リラックスできる空間の工夫など日本では見たことのないようなリハビリ施設に、発想の柔軟さを感じました。特に実際の利用者さんから直接お話しをうかがえたことが、学生たちのこころに響いたようでした。

午後はストロイエ通りを中心に自由行動。みんなでデンマーク最後の夕食をゆっくり食べ帰国です。まだ帰りたくないという声や、日本食を楽しみにする声が聞こえてきます。


その5へ戻る     その7はコチラ

2009年度人間福祉学科北欧研修5

[聖学院大学(人間福祉学科)] 投稿日時:2010/03/31(水) 14:00

・補助器具センターの訪問
 
午前中は、補助器具センターへ訪問。
車いすから、歩行を助けるベルト、ベッドまでその人の状態に合わせた補助器具が選ばれ、ほとんど無料で貸し出され、使用後はそれを全部、消毒して整備して再利用される様子を見ることができました。

実際の車いすや杖、マットは、種類が豊富で、体験した学生たちは、みんな「使いやすい、にぎりやすい」と驚いていました。


 

・オーデンセ見学

午後は、オーデンセへ。
途中のショッピングモールのエスカレーターは階段状ではなく、スロープ式のエスカレーターで、男性トイレにもおむつ交換ができるマークがついています。こんなところも日本とは異なっています。

オーデンセは、アンデルセンが育った家、アンデルセンの作品などを見学し、無事にコペンハーゲンに到着。急に大都会の景色になりました。


その4へ戻る     その6はコチラ
 

「聖学院メサイア 2010」(4/29開催)のお知らせ

[聖学院中高] 投稿日時:2010/03/30(火) 15:29

 

「聖学院メサイア 2010」

ヘンデル ~メサイア~

 

今年も下記の日程で、メサイアコンサートを開催いたします。

どうぞご来場ください。

 

 

 

>>チラシPDF

 

 

日時: 2010年4月29日(木・祝)

     13:30開場 / 14:00開演

場所: 聖学院講堂(聖学院中学校高等学校内)

     JR山手線駒込駅東口下車徒歩5分

     >> Map

 

指揮: 長谷川朝雄

独唱: 藤崎美苗(ソプラノ)、谷地畝晶子(アルト)、

     及川 豊(テノール)、森野光生(バス)

合唱: 聖学院メサイア合唱団

管弦楽: The Pasania Hill Baroque Ensemble

      (椎が丘バロック合奏団)

チェンバロ: 佐藤麻衣子

 

* * * * *

主 催: 聖学院メサイア合唱団

後 援: 聖学院中学校高等学校/聖学院中学校高等学校同窓会

入場料: 2,000円(全席自由)

問合せ: 聖学院中学校高等学校

      Tel 03-3917-1121(担当・森野)

 

2009年度人間福祉学科北欧研修4

[聖学院大学(人間福祉学科)] 投稿日時:2010/03/11(木) 12:12


今日は午前中、隣の島の野外での遊びを重視している幼稚園にお邪魔しました。まだ雪がたくさん残る中、子どもたちは防寒具をしっかり着せてもらい、元気に遊んでいました。研修に参加した学生たちもおおはしゃぎで、熱くなって、コートを脱いで一緒に走り回っていたり、どろんこになったりしていました。


 
         研修生と子どもたち                       幼稚園の前で


午後は学校です。急に小学生の前で日本の歌を歌うことになったのですが、伴奏もなしに、少し照れながらも、学生たちは元気に歌ってました。 学童保育の時間には、4人づつグループになり、各クラスにお邪魔して子どもたちと交流しました。折り紙に紙風船など日本の遊びを紹介したり、プロレスごっこや、屋外のボール遊びなどで積極的にかかわる学生たちを、現地の先生方も温かく迎え入れてくださいました。

 

夕方からは、ここスベンボー市で日本語を学んでいる中学生から大学生までの若者との交流会です。みんなで大きなピザを食べながら、遅くまで楽しそうに話していて、あちらこちらで、メールアドレスなどを交換しているようでした。

明日は、北欧の中心都市であるコペンハーゲンに向かいます。学生たちは、このスベンボーで出会った様々な方々との別れがつらく、名残惜しそうです。

 

追記 2010.3.15

3月14日、研修旅行を終えて全員無事に帰国致しました。
研修報告の概要は、いずれ、人間福祉学科ホームページに掲載させて頂く予定です。
 

 

 

その3に戻る     その5はコチラ

 

«前へ

<< 2010年3月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

取材等のお問合せは

▼広報課までお問合せください
E-mail: pr@seig.ac.jp
TEL: 048-725-6191/FAX: 048-725-6891
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1
>>地図

>>2008年以前のプレスリリース情報はコチラ