大きくする 標準 小さくする
このエントリーをはてなブックマークに追加

聖学院 On-line Information

【報告】2013/07/17 日本文化学科 「ビブリオバトル・決勝戦」 開催 [聖学院大学(日本文化学科)]

投稿日時:2013/07/18(木) 11:25

7月17日(水)、日本文化学科の1年次必修授業「ライフデザイン・良く生きるA」で、図書館の全面協力により「知的書評合戦・ビブリオバトル」の決勝戦が行われました(学生、教職員約80名参加)。ビブリオバトルとは、発表者(「バトラー」)が自分の好きな本を選んでプレゼンし、これを聴いた聴衆が一番読みたいと感じた本を投票で決める大会。聖学院大学としては初の開催です。

「ライフデザイン・良く生きるA・B」という授業は、学生個々の「キャンパスデザイン」「キャリアデザイン」の充実を願うと同時に、生涯にわたる「ライフデザイン」をイメージしてもらうために、特に他者とのコミュニケーション力の養成を目指しています。授業はアクティブ・ラーニングの形をとっていますが、今学期は自己表現プログラム、コミュニケーション・ワークなどを経て、その集大成として「ビブリオバトル」を開催しました。

本日17日の最初に行われたのは、ビブリオバトルのエキシビジョン。
本選とは関係なく、前回の予選を聴いた学生の中から、「是非自分もやりたい!」と思った学生の自薦による6名が集まって自分の好きな本を紹介しました。


201307181206_1.jpg
   ビブリオバトル エキシビジョンの様子


エキシビジョン後はいよいよ決勝戦が行われました。
発表者は学生4名で、発表の持ち時間は1人5分間、質疑応答は2分間でした。
発表者の学生それぞれが持参した本について熱く語り、聴衆からの質問も含め、会場は盛り上がりました。



201307181206_2.jpg   201307181206_3.jpg
    古田さん紹介  「七つの習慣」            木村さん紹介 「マイナス50度の世界」  



201307181206_4.jpg   201307181206_5.jpg
      丸山さん紹介 「らせん」                 宮脇さん紹介 「心霊探偵八雲」
 

優勝者は「七つの習慣」を紹介した古田さん。
古田さんは「哲学を学んでも人生うまくいく保証はないと私は思います。この「七つの習慣」には“人生の成功方法”がつまっています。」と語り、本の魅力を熱くアピールしました。

ライフデザインは1年生が受講する授業ですが、1年生とは思えないほど、素晴らしく堂々とした「ビブリオバトル」となりました。



201307181304_1.jpg    201307181304_2.jpg
        優勝者 古田さん                    決勝戦進出の4名の学生たち


【参考】
>>日本文化学科HPはこちらから
>>ビブリオ公式HPはこちらから

 

アーカイブ