大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 【お知らせ】10/26「隅谷三喜男先生 召天10周年記念講演会」の基調講演は姜尚中全学教授による「現代アジアの課題とキリスト教の使命」
このエントリーをはてなブックマークに追加

聖学院 On-line Information

【お知らせ】10/26「隅谷三喜男先生 召天10周年記念講演会」の基調講演は姜尚中全学教授による「現代アジアの課題とキリスト教の使命」 [聖学院大学]

投稿日時:2013/08/08(木) 16:38rss

 10月26日(土)、東京女子大学講堂で行われる「隅谷三喜男先生 召天10周年記念講演会」で、姜尚中全学教授が「現代アジアの課題とキリスト教の使命」と題した基調講演をします。
 
201308081643_2.jpg日 時: 2013年10月26日(土)14:00~16:30
(開場13:30)
 
会 場: 東京女子大学講堂(1,000席)  
(アクセスは、こちらをご覧ください)

 参加費: 1,000円 (事前申し込みは不要ですが、満員の場合はご入場いただけない場合があります。あらかじめご了承ください)
 
問い合わせ先: 公益社団法人 日本キリスト校海外医療協力会(JOCS)03-3208-2416
 
主 催: 隅谷三喜男先生召天10周年記念講演会実行委員会
 
-----------------------------------------------
【講演概要】
「キリストが示したように、どんなことがあろうと、十字架から顔をそむけることのない勇気を、私に与えて下さい。そして、愛する祖国の危機に際しては、重い十字架を背負うことのできる者にしてください。」(自叙伝『激動の時代を生きて』岩波書店より)
 
隅谷三喜男先生は、徹頭徹尾、この信仰をもって「自分の行程を走り終え」(使徒言行録20:24)ました。その薫陶をうけた私たちは、今、混迷を深めている世界と日本、そして日本のキリスト教会、その中にあって何を為すべきか、隅谷三喜男先生召天10周年に際し、最もふさわしい講演者とコメンテイターを得て、ともに考えたいと願っています。
 
【講演者】
姜 尚中(聖学院大学全学教授)
 
【コメンテイター】
和田 春樹(東京大学名誉教授)
加山 久夫(明治学院大学名誉教授)

アーカイブ