大きくする 標準 小さくする
このエントリーをはてなブックマークに追加

聖学院 On-line Information

女子聖学院中高、新校舎定礎式が挙行されました [聖学院法人本部NEWS]

投稿日時:2007/12/21(金) 16:16rss

大木理事長、速水名誉理事長による除幕 2007年12月17日(月)午後2:30より、女子聖学院中学校高等学校の新校舎エントランスホールにて定礎式が行われました。

(→定礎式次第PDF

 

 礼拝形式で厳かに行われた定礎式では、大木英夫 学校法人聖学院理事長、速水 優 学校法人聖学院名誉理事長により定礎板の除幕が行われ、定礎の言葉:聖書の「ヨハネの第三の手紙4節」

 

I have no greater joy than to hear of my children living in the truth.」(III John 4

「わたしの子供たちが真理のうちを歩いていることを聞く以上に、大きい喜びはない。」(ヨハネの第三の手紙4節)

定礎板

 

が刻まれた定礎板が設置されました。

 

 女子聖学院チャペルから流れるように続く地上5階・地下1階建ての教室棟は、美しいと同時に力強く、温かな包容力と安心感を与えてくれます。年明けには2年間使用された臨時校舎から新校舎へと生徒たちが移動し、新校舎の竣工式は来春4月に予定されています。

 

女子聖中高新校舎

【関連LINK】

女子聖学院中学校高等学校 新校舎建築特設ページ

→こちらから

アーカイブ